トップ > くらしの情報 > 福祉 > 介護予防事業

介護予防事業

 地域包括支援センターでは、高齢者の皆さんが住みなれた地域で安心して生活を送れるよう、総合的に支えています。

地域包括支援センターで実施している事業一覧

事業名 内     容 対象者 実施方法
特定高齢者把握事業  生活機能評価を健康診査時にチェックし、介護予防が必要と思われる高齢者を把握します。 健康診査受験者
(65歳以上の方)
集団健診(5月〜11月)
指定医療機関での健診(7月〜9月)
転ばん運動教室
・新規コース
・継続コース
 週1回集まり、転倒・骨折を予防するための運動を体験しますしょう。簡単で無理のないように、座りながらできる運動が中心ですので気軽に参加できます。いつの間にか仲間が増え、笑顔あふれる教室です。送迎可能ですので、遠くても安心です。 特定高齢者把握事業にて介護予防事業が必要と思われる方 新規コース…定員15〜20名
継続コース…真意修了後のフォロー
運動好っぺ会  「出がげっぺ、動ぐっぺ、話すっぺ」の3ぺ運動をテーマに、閉じこもり認知症予防を目的にサロンを開催します。月に1回仲間と顔を合わせ、楽しい時間を過ごしましょう、。 転ばん運動教室の継続コース修了者 小川地区…すこやか共生館
馬頭地区…馬頭総合福祉センター
毎月1回(年12回開催)
精神保健相談会  閉じこもり、認知症、うつ病予防のための訪問指導と専門医の相談会を行います。 高齢者及び家族 毎月1回
(要予約制)
那珂川おたっしゃ会  運動等の実践指導を通して、介護予防の意識を高めましょう。交通事故や悪徳商法を防ぐためのノウハウも同日開催します。 高齢者 37行政区を巡回(年1回)
ふれあい・いきいきサロン  運動を通して介護予防の意識を高めましょう。社会福祉協議会との共催事業です。 高齢者 町内を8グループに分け実施
家族介護教室  高齢者の理解や介護のポイントを学びましょう。施設見学や介護者の方のリラクゼーションなど盛りだくさんの内容を用意しております。 高齢者を抱える家族 7月〜12月の年6回
家族介護者交流会「ほっとすぺーす」  介護者が「ホッと…」息抜きのできるような場所を目的として開設します。来て良かったと思える心の拠り所を目指していきます。 介護者 7、9、11、1、3月の年間5回開催
認知症サポーター養成研修  住民、各種団体等を中心に認知症の方を支えるサポーターを養成します。
 10人以上集まれば開催できますので、随時ご応募ください。
住民及び各種団体 要望に応じて随時開催
介護予防ボランティア  介護予防に関する地域のリーダーを育成します。興味のある方は気軽にお申し込みください。 ボランティアに興味のある方 年1回開催
(定員10名)
介護予防マネジメント  介護保険の要介護認定で、要支援1・2と認定された方などに「介護予防サービス計画」の作成を行い、できる限り自立した生活を継続できるよう支援します。 要介護認定による要支援1・2の方等 随時
総合相談窓口  高齢者の皆さんやその家族の皆さんから、「介護に関する相談」はもちろん、「どこへ相談に行ったらよいかわからない」といった悩みなどをご相談ください。
 必要な保健医療、福祉サービスなどの情報提供や連絡調整を行います。
高齢者とその家族 随時
包括的・継続的なケアマネジメント  介護予防プラン作成とケアマネージャーの支援を行います。困難辞令の対応も行います。 特定高齢者、要介護認定要支援者 随時
権利擁護
(成年後見制度)
 相談窓口を設置し、制度の周知・普及・運用に努めます。 高齢者 随時

問い合わせ・申し込み先

 地域包括支援センター(那珂川町小川1065番地 小川総合福祉センターすこやか共生館内)
 ☎0287−96−2161 FAX0287−96−7910

お知らせ