トップ > くらしの情報 > 国民健康保険・国民年金 > 【75歳以上の皆さまへ】平成29年度から後期高齢者医療保険料の軽減率が変わります

【75歳以上の皆さまへ】平成29年度から後期高齢者医療保険料の軽減率が変わります

全ての方が安心して医療を受けられる社会を維持するために、高齢者と若者の間での世代間の公平が図られるよう、
平成29年度から75歳以上の皆さまの保険料の軽減率が変わります。
皆さまのご理解をお願いいたします。

75歳以上の方の保険料は、

① 年収に応じて納めていただく部分(所得割)
② 全員に納めていただく定額部分(均等割)があります。

保険料
①所得割額 ②均等割額
● 一定以上の年収のある方に、年収に応じてご負担いただきます。
個人の年収に応じて軽減されます。
● 全ての方にご負担いただきます。
世帯の所得に応じて軽減されます。

1.所得割の額が変わる方▶【年収約153万円~約211万円の方】

平成28年度までの所得割は特例的に5割軽減されていましたが、
平成29年度は2割軽減になります。
(均等割の定額部分は変わりません)

  平成28年度 平成29年度
所得割額 5割軽減 2割軽減

2. 均等割の額が変わる方▶元扶養者であった方など 

元被扶養者とは・・・75歳になる前日にご家族の会社の健康保険などで被扶養者だった方

平成28年度までの均等割は特例的に9割軽減されていましたが、平成29年度は7割軽減になります。

  平成28年度 平成29年度
均等割額 9割軽減 7割軽減
所得割額 賦課せず 賦課せず

※ただし、元被扶養者であっても、世帯の所得が低い方は、均等割の軽減(9割軽減、8.5割軽減)が受けられます。

保険料を年金から引き落としで納めている皆さまへ

年金から引き落としの場合、前半(4月・6月・8月)の保険料は前年度と同じ額を引き落とし、
             後半(10月・12月・2月)で残りの保険料を調整します。
そのため、平成28年度よりも平成29年度の保険料が増えますが、実際に引き落とし額が増えるのは10月からです。
⇒引き落とし額の間違いではありませんので、ご注意ください。

お問い合わせ先

栃木県後期高齢者医療広域連合
☎ 028-627-6805(代表)

那珂川町役場 住民課保険年金係
☎ 92-1112

お知らせ