トップ > 安全・安心なまちづくり情報 > もしものときに > 弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時の行動について

 弾道ミサイルは、発射からわずか10分もしないうちに到達する可能性があります。
 ミサイルが落下する可能性がある場合には、政府からの緊急情報を特別なサイレン音とともに屋外拡声スピーカー及び音声告知器を通じてお知らせします。また、携帯電話の「緊急速報メール」でも関係する地域に対して情報配信が行われることになっています。

弾道ミサイルが発射され、落下のおそれがある場合には、直ちに以下の行動をとってください。

【屋外にいる場合】
〇建物の中に避難する。
〇周囲に建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せて頭部を守る。

【屋内にいる場合】
〇できるだけ窓から離れるか、窓のない部屋に移動する。

詳細については、内閣官房国民保護ポータルサイトこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

お知らせ