トップ > 生涯学習 > 文化 > 唐の御所横穴(からのごしょよこあな)

唐の御所横穴(からのごしょよこあな)

唐の御所横穴  和見・北向田から小口に至る西尾根に横穴墓群が散在しています。その中でも著名なものが、唐の御所です。
 横穴はほぼ真南に向いて開口し、内部は横穴式石室と同様に玄室や玄門、羨道などがあります。玄室の長さは2.75m、中央での幅が2.34m、高さは奥壁前縁で1.9mで、玄室全体があたかも一戸の住宅を思わせるような構造です。天井は中央に棟木をつくり出し、左右に切妻の屋根に似せた勾配を持たせ、玄門の外側に戸をはめ込むための彫り込みが施してあり、精巧な点では全国的にみても屈指の例です。
 周辺には、遠見穴、姫穴などの名称で呼ばれる横穴墓があります。

お知らせ