トップ > 暮らしのガイド > 健康・医療 > 新型コロナウイルスワクチンの接種について

新型コロナウイルスワクチンの接種について

新型コロナウイルスワクチン接種のご案内について(R3.9.15現在)

 こちらをご覧ください。↓↓↓

 新型コロナウイルスワクチン接種のご案内

新型コロナワクチンの接種について

 新型コロナワクチンは、感染症による死亡や重症化の発生をできる限り減らし、結果として感染者のまん延を防止することが期待されています。接種に当たっての予約方法などについては、町のホームページに随時掲載しています。

新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ(第1報)PDFファイル(250KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ(第2報)PDFファイル(230KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ(第3報)PDFファイル(259KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ(第4報)PDFファイル(240KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ(第5報)PDFファイル(231KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

12~18歳の新型コロナウイルスワクチン接種について

接種の対象者・接種順位・接種開始時期

 原則、那珂川町に住民登録のある12歳以上の方が対象になります。
 接種順位は、国が決定することになっています。現時点での予定は下記のとおりです。

順位 対象者 接種時期
医療従事者 令和3年3月以降
65歳以上の方(昭和32年4月1日以前に生まれた方) 令和3年5月以降
高齢者以外で基礎疾患を有する方、高齢者施設等で
従事されている方
令和3年7月中旬以降

町独自の優先者等
①町内小中学校教職員(スクールバス運転手を含む)
②認定こども園職員
③高齢者・障害者施設(通所・訪問等)従事者
④デマンドタクシー運転手
⑤放課後児童クラブ職員
⑥消防団員

令和3年7月中旬以降
60~64歳の方 令和3年7月中旬以降
50~59歳の方 令和3年8月上旬以降
40~49歳の方 令和3年8月中旬以降
30~39歳の方 令和3年8月中旬以降
19~29歳の方 令和3年8月下旬以降
10 12~18歳の方 令和3年8月下旬以降

(注意)基礎疾患の範囲については現在、ワクチン分科会予防接種基本方針部会において検討中であり、今後変更となる可能性があります。現時点で対象となる基礎疾患の範囲については、次の資料をご覧ください。

 接種順位の上位に位置づける基礎疾患を有する者について(厚生労働省)PDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

接種券の送付

 令和3年7月7日(水)頃より、64歳以下の方から順次年齢を分けて段階的に送付していきます。

接種回数

 間隔を開けて2回接種を行います。(現在承認を受けているファイザーのワクチンは、3週間の間隔をあける必要があります。)

接種場所

 健康管理センター、すこやか共生館(小川総合福祉センター)

接種予約

 ワクチン接種する前に、町に予約していただく必要があります。接種券をお手元に用意し、電話で予約してください。(混雑を避けるため、来庁してのご予約はご遠慮ください。)Webでの予約は行っておりません。
 予約の際には、接種券に記載の「照会番号」が必要になります。

【電話予約】

 下記のいずれかの電話番号へお申込みください。
 予約時間は、月曜日~金曜日(祝日を除く)午前8時30分~午後5時15分です。

 予約先:健康福祉課  ☎0287-92-1119
            ☎0287-92-1125
            ☎0287-92-0701

県が実施又は県・病院・市町連携によるワクチン接種の予約

 とちぎ健康の森(とちぎワクチン接種センター)で実施する「県大規模接種」で接種する場合は、下記のリンクをクリックしてください。

とちぎワクチン接種センター(とちぎ健康の森:宇都宮市駒生町3337-1)このリンクは別ウィンドウで開きます

 県と病院・市町との連携による「済生会宇都宮病院」でのワクチン接種による接種を希望する方は、下記のリンクをクリックしてください。

済生会宇都宮病院(広域的なワクチン接種)このリンクは別ウィンドウで開きます

 ※二重予約にならないようご注意ください。

 二重予約防止のため、とちぎワクチン接種センター又は済生会宇都宮病院での接種予約をする際には、町で既に予約をしていないか確認の上、予約するようお願いします。 万が一、町での予約と、とちぎワクチン接種センター又は済生会宇都宮病院の予約が重複してしまった場合は、速やかにどちらかの予約を取り消してください。

接種費用

 無料(全額公費)です。

町内のワクチン接種状況【9月16日現在】

ワクチン接種の実績(集団接種)

対 象 者 1回目接種 2回目接種 合  計
医療従事者※ 27人 27人 54人
高齢者(65歳以上) 5,500人 5,360人 10,860人
基礎疾患を有する方 601人 544人 1,145人
高齢者施設従事者 18人 23人 41人
60歳~64歳 1,048人 954人 2,002人
その他 3,880人 2,529人 6,409人
合  計 11,074人 9,437人 20,511人

 ※ 町実施分のみ(県が実施した医療従事者向け接種は含まない)

高齢者施設の接種 

対 象 者 1回目接種 2回目接種 合  計
高齢者(65歳以上)等 162人 155人 317人
高齢者施設従事者 170人 168人 338人
合  計 332人 323人 655人

栃木県内の接種状況 ※那珂川町の接種率等が確認できます。

  新型コロナウイルスワクチンの接種状況及び配分状況について(栃木県ホームページへのリンク)このリンクは別ウィンドウで開きます

ワクチンの効果と副反応のリスクについて

ワクチンの効果

  • ワクチンを接種することにより、新型コロナウイルス感染症の重症化や、発熱や咳などの症状が出ること(発症)を予防するだけでなく、社会全体で流行することを防ぐことが期待されます。
  • 日本で最初に薬事承認されたファイザー社のワクチンの臨床試験の効果では、95%の発症予防の効果があったとされています。

副反応のリスク

 ワクチンを接種すると、接種した部位の腫れや痛み、発熱、頭痛などの症状が起きる場合があります。

 新型コロナワクチンの有効性・安全性について(厚生労働省ホームページ)このリンクは別ウィンドウで開きます(外部リンク)

接種を受ける際の同意

 ワクチン接種は任意です。接種を受ける方の同意なく行われることはありません。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

  • 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障がいが残ったりすること)が、極めて稀であるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。
  • 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じて、医療機関での治療が必要になったり、障がいが残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障がい年金等の給付)が受けられます。
  • 新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。なお、現在の救済制度の内容については、次のリンク先をご参照ください。

 予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)このリンクは別ウィンドウで開きます(外部リンク)

栃木県 受診・ワクチン相談センター

 電話番号 0570-052-092

対応内容 対応時間
新型コロナウイルス感染症に関する相談、感染の予防に関すること 24時間(土日、祝日を含む毎日)
発熱などの症状があり、かかりつけ医や最寄りの医療機関に連絡できないときに受診できる医療機関を知りたいとき  24時間(土日、祝日を含む毎日)
新型コロナウイルスワクチン接種に関する専門的な相談(ワクチン接種後の副反応など)  24時間(土日、祝日を含む毎日)

厚生労働省 新型コロナワクチンコールセンター

 電話番号 0120-761-770

 対応時間 午前9時~午後9時(土日、祝日を含む毎日)

 対応内容 新型コロナワクチン施策の在り方等に関するご意見・問い合わせ窓口

お問い合わせ先

那珂川町役場 健康福祉課健康増進係
〒324-0692 栃木県那須郡那珂川町馬頭555
電話:0287-92-1119 FAX:0287-92-1164
E-mail:zoushin@town.tochigi-nakagawa.lg.jp

お知らせ