トップ > 町の紹介 > 町長のひとこと > 令和2年度 > 備える

備える

 近年の自然災害等により「備える」ということを意識させられます。

 令和2年に那珂川消防署に水槽付消防ポンプ自動車が納車された際、隊員の方々が実動訓練を見せてくださいました。

消防車全体を左斜め前から撮影

消防車側面に収納のホースを取り出し消火現場に向かう隊員2人

消防署の敷地の地中の貯水庫から消防車の水槽にホースで水を汲み上げる隊員2人

 当町は、山間部が多いため、車両には傾斜地で迅速に活動できる機能や器具が満載です。

消防車上部から照明器具をせり上げ、車体上部の梯子を車体後部に電動で降下した状態

車体側面にきれいに畳んで収納してあるホースなどの消火器具

車体後部にきれいに畳んで収納してあるホースなどの消火器具

 たくさんの器具が、きれいに畳んで収納されていますが、これは、緊急時に迅速に活動できるための「備え」です。

車体後部に降下した梯子を手作業で下す隊員2人

梯子の両端を持ち地面に置く隊員2人

下した梯子を立ち上げ、隊員2人が向き合い1人が梯子を支え、1人が最高位置まで梯子を伸ばしている

最高位置まで伸ばした梯子の下部を、向き合った隊員2人が両手と片足のつま先で支えている

 消防署の隊員の皆さんは、不測の事態に「備え」、日々、訓練しており、各動作時の姿勢が美しいです。

消火活動時の装備で、ホースを収納したバッグを抱え走り出す隊員1人

消火活動時の装備で、ホースを収納したバッグを抱えた隊員1人の後ろ姿、ボンベを背負っている

 消火活動時の装備の総重量は、30kgを超えるそうです。このホースを収納したバッグは、約15kgあります。

消防署の敷地内で、消防車に繋いだホースを持ち放水する、装備した隊員1人の後ろ姿

放水活動する装備した隊員1人を右横から撮影

 はしごが倒れないよう足で押さえたり、放水時の姿勢は、ホースにかかる水圧に負けないためであり、型のひとつひとつに意味があり、瞬時にその型を取りますが、体得するまで何度も練習されるでしょう。

 この時の説明により、日頃の「備える」という心構えが、非常時での行動につながっていることを、隊員の皆さんから、改めて学ばせていただきました。

お知らせ