トップ > なかがわNOW > 令和4年 > 令和3年度県農業大賞「知事賞」・「特別賞」のダブル受賞

令和3年度県農業大賞「知事賞」・「特別賞」のダブル受賞

受賞集合

令和3年度の栃木県農業大賞の表彰式が3月24日、栃木県公館で行われ、町から、宝形経営の部で青木康彦さん・青木雅子さん(三輪)が、「栃木県知事賞」を、農村活性化の部で、下芳井ほたるの会(会長福島一廣さん)が「特別賞」(下野新聞社長賞)を受賞し、5月13日、役場町長室で受賞報告会行われました。

繁殖牛・仔牛185頭と大規模な和牛繁殖に取り組む青木さん夫妻は、県内トップクラスの飼育頭数を誇り、スマート農業の活用で、県平均を大きく上回る分娩間隔の実現や、計画的な休暇取得でゆとりある畜産経営を実現したことが、高く評価されたものです。

下芳井ほたるの会は、農業者の高齢化や耕作放棄地の増加などの地域課題の解決のため、平成20年度に結成されました。多面的機能支払交付金事業の活用で、農地の保全活動に取り組むとともに、生き物調査、ほたる鑑賞会等で地域の景観を生かして交流活動を実施している点が評価されました。

  

 【知事賞】青木 康彦 さん・青木 雅子 さん  【特別賞】下芳井ほたるの会